不幸にして、万一交通事故の被害者になったとき ー賠償金のダブルスタンダードー

不幸にして、万一交通事故の被害者になったとき
ー賠償金のダブルスタンダードー

被害者には賠償金が支払われますが、その支払い基準が2つあることをご存知でしょうか?
多くの場合、加害者が加入する保険会社が示談交渉を担当しますが、その際には保険会社(自賠責保険)の基準で支払われます。
しかし、保険会社の基準は下記の通り裁判所の基準に比べてはるかに低く、大きな事故では何千万円もの差が生じます。
しかも、判決ならば、通常、認容額(裁判所が認めた賠償額)の1割がさらに弁護士費用として上乗せされます。
万一交通事故の被害者になったとき、ご遠慮なくご相談ください。裁判が面倒な場合、紛争処理センターなど裁判以外の手続きもあります。

●両眼を失明してしまったときの慰謝料
保険会社の基準:1,100万円
裁判所の基準:2,800万円

●夫が妻と子どもを1人残して死亡したときの慰謝料
保険会社の基準:1,100万円
裁判所の基準:2,800万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA